Lundbeck Japan K.K.

Toto Building 7F, 5-1-4 Toranomon, Minato-ku, Tokyo 105-0001
Tel: 03-5733-8690
Fax: 03-5733-8691
URL: http://www.lundbeck.com/jp

ServiceCategory: Healthcare

Lundbeck Japan K.K. is a subsidiary of H. Lundbeck A/S headquartered in Copenhagen, Denmark. H. Lundbeck A/S was founded in 1915 and is the only fully integrated pharmaceutical company focusing entirely on improving quality of life for people living with brain diseases.

Lundbeck Japan K.K. was inaugurated in 2001. In 2011, our partner, Mochida Pharmaceutical Co. Ltd., obtained marketing authorisation for escitalopram (Lexapro®; エスシタロプラム) as the first product invented by Lundbeck introduced to the Japanese market. We are proud that Lexapro® which has been made available to more than 300 mill. patients worldwide, now is available also for Japanese living with depression.

In addition to our strong local collaboration with Mochida Pharmaceutical Co., Ltd. in Japan, on a global scale Lundbeck has entered into excellent partnerships with major Japanese pharmaceutical companies such as Takeda Pharmaceutical Company Ltd., Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd. and Kyowa Hakko Kirin Co., Ltd. Currently we are experiencing a growing business in Japan and we expect to grow it further in the future.

To develop drugs for brain diseases, that is psychiatry and neurology, is probably one the most complex and challenging areas to operate in. Therefore, as a company, we aim to attract the sharpest minds in Japan to join forces with us in developing and commercializing the treatments of tomorrow.

Lundbeck is a global company and it is therefore essential with a global mindset. Additionally, we believe that a creative and productive mind is nurtured through a healthy work-life balance which allows for spending time with friends and family. This is in our experience, not only achievable, but also a supporting factor for enabling us to reach our ambitious objectives of making a difference for Japanese people living with brain diseases.

Please visit our website for more information about Lundbeck.

ルンドベック・ジャパン株式会社は、デンマークのコペンハーゲンにあるH.ルンドベック社の子会社です。H.Lundbeck A/S社は1915年に設立され、脳疾患におけるQOL改善に特化した唯一の完全統合型製薬企業です。

ルンドベック・ジャパン株式会社は2001年に設立されました。2011年には、提携企業である持田製薬株式会社が、レクサプロ®錠(一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩)の販売承認を取得し、H.ルンドベック社の開発品が日本で初めて発売されました。世界中で3億もの人々に使用されてきたレクサプロ®錠を、日本のうつ病の患者さん方にも提供できることを誇りに思います。

持田製薬株式会社との強力な国内提携に加え、武田薬品工業株式会社、大塚製薬株式会社、協和発酵キリン株式会社等の主要製薬会社とも国際規模の提携関係を築いています。現在、日本での事業は成長を遂げつつあり、今後もさらなる拡大が期待されます。

精神神経系に作用する脳疾患治療薬は、おそらく開発がもっとも複雑で難しい領域のひとつに挙げられるでしょう。弊社では、「未来の新薬」の開発や販売に加わっていただく為に、企業として最も優秀な人材を集めることを目指しています。

H. ルンドベック社はグローバル企業であるため、国際的な発想が大変重要となります。また、弊社では、創造的で生産性の高い精神は、家族や友人と十分な時間を過すことのできる健全なワーク・ライフ・バランスによって生み出されると考えています。私たちの経験から、健全なワーク・ライフ・バランスの確立は実現可能であるとともに、脳領域疾患に罹患する日本の患者さんへの貢献を目指す我々の意欲的な企業目標の推進にもつながると考えています。
詳しい情報につきましては、弊社ウェブサイトをご覧ください。